見積もりを取って比較するのも良い方法

業者ごとに得意メーカー不得意メーカーがある

法人向けパソコンを手配する際に複数業者から見積を取って比較することのメリットは希望するメーカーのパソコンの扱いに長けている業者から購入することができるという点です。法人向けパソコンと一口に言ってもパソコンメーカーの種類は数多く存在し、やはり、メーカーごとに得意業者、不得意業者が存在します。例えば社内で使用するパソコンのメーカーを統一している場合や、使用者からメーカーを指定された場合などは複数社から見積もりを取ることで得意不得意がわかります。なぜなら値段やオプション、業者の対応力に差が出るためです。複数社から見積もりを取ることにより対応力のある業者選定も合わせて行うことができるため、購入後の故障などの対応力がぐんと変わってきます。

他者の見積書が価格交渉の材料として使える

複数業者から見積を取ることによるメリットはもう一つあります。それは価格交渉の材料として使うことができるという点です。社内で使用するものですので、そこにはもちろん経費が発生します。会社としてはできるだけ経費は抑えたいものですよね。そこで使えるのが他業者の見積もりです。他業者からの見積もりを指定の業者に提示し、この金額を下回ってくれれば導入できるのですが、とお伝えすると、具体的金額が明示しているため、業者としても割引の可否が判断しやすく、これ以下の金額にすれば購入してくれるのであれば、と見積もりの金額を下回ってくれる場合がほとんどです。

複数社から見積もりを取ることで対象機器の相場価格がわかるとともに、経費削減の一助となりますので、おすすめの方法です。

© Copyright Best Business Computers. All Rights Reserved.