リースで手配する方法の特徴

まずはパソコンを選択しよう

パソコンを会社に導入したいときには自社で購入する方法とリースがあります。自分で買うと社員分購入しないといけないので、コストが結構掛かってしまうのがネックです。ある程度大きな企業なら問題ないですが、起業したての方だと資金繰りが難しいでしょう。こういうときに使えるのがリースです。リースは専門会社を利用して一定期間パソコンをレンタルできます。またリースは分割払いと金利の他に製品代金を支払い終われば負担が軽くなるメリットがあります。最初にリース会社に行き、そこにあるパソコンを選びましょう。これはノートパソコンやデスクトップパソコンからタブレットまで用意されています。基本的に性能の高いパソコンほどリース料金もアップするのが特徴です。

見積もりから契約スタートまでの流れ

欲しいパソコンが見つかったら販売会社から物件見積書を取得しましょう。次にリース見積もりを検討して、予算に合う最適な会社を選定します。無事予算に合うリース会社が見つかったら、次はリース契約を行います。次は物件の納品を行うのが特徴です。リース契約に基づいて販売会社へパソコンの発注を行い、売買契約に基づきお客さんにパソコンを納品します。届いたパソコンが間違いないかお客さん側で検品を行いましょう。また故障していないのかもチェックして問題がなければ検収完了証をリース会社に持っていきます。上記の手順を踏むとリースを開始できるので覚えておくと便利です。検収完了証を提出した時点でリース料金が発生します。これは毎月リース会社に支払います。

© Copyright Best Business Computers. All Rights Reserved.