法人向けパソコンの手配方法の違い

法人向けパソコンを導入しようと決めたときに、どの手配方法が最も良いのかは悩みになりがちです。買ってしまった方が良い場合もありますが、リースやレンタルで済ませた方が事業を行いやすい場合もあるので、それぞれの特徴をまずは見てみましょう。

購入する方法の特徴

会社の中には数百人から数千人規模の従業員が勤務するところがあり、従業員一人一人にパソコンを貸与するときもあります。となると何百台、何千台ものパソコンが日々稼働し、そのために毎日のように故障などが発…

Read more »

リースで手配する方法の特徴

パソコンを会社に導入したいときには自社で購入する方法とリースがあります。自分で買うと社員分購入しないといけないので、コストが結構掛かってしまうのがネックです。ある程度大きな企業なら問題ないですが、…

Read more »

既成のパソコンに満足しない人のためにBTOがあります

BTOパソコンとは、Built To Orderパソコンの事であり、自分で好きなパーツを選び、それをメーカーが組んだパソコンのことで、既成のパソコンに不満をお持ちの方でも満足ができます。

法人向けパソコンの手配方法の選び方

三種類の手配方法の特徴を考えてみると、法人向けパソコンの手配はどの方法にしたら良いかが何となくわかるかもしれません。しかし、失敗しないための定石があるので、それに従って手配方法を選定するようにしましょう。

目的に応じて適切なものを選ぶのが肝心

営業社員などは社内にいるより外出が多く、客先などで打ち合わせをしたり商談をしています。ではパソコンはあまり使わないかですが、社内で事務的な作業をするだけでなく、客先でプレゼンのために使ったり移動の…

Read more »

見積もりを取って比較するのも良い方法

法人向けパソコンを手配する際に複数業者から見積を取って比較することのメリットは希望するメーカーのパソコンの扱いに長けている業者から購入することができるという点です。法人向けパソコンと一口に言っても…

Read more »

三種類とも取り扱っている業者に相談するのも効果的

法人向けパソコンの手配方法には、大きく分けて購入とリース、レンタルの三種類の方法があります。最近では、こうした方法すべてを扱っている業者の数が増えており、様々な業種の総務や人事などの担当者の間で関…

Read more »

レンタルする方法の特徴

必要最小限の台数を導入できる

法人向けパソコンをレンタルする方法は、従業員数に応じて必要な最小限の台数を手配でき、余計な費用を抑えられるという特徴があります。また、業者によっては、レンタルの契約更新を繰り返すことで、新型の機種を提供してもらえることもあり、作業効率のアップを期待することもできます。最近では、一台から法人向けパソコンのレンタルを利用できる業者の数も増えており、組み立てやインターネット回線の設置など様々なサービスを利用するとも可能です。そこで、レンタルのメリットとデメリットについて正しく判断するうえで、多種多様な業種の企業から高く評価されている専門業者のウェブサイトをチェックして、過去の取り組みをよく確認してみましょう。

定期点検や無償修理などサポートが手厚い

法人向けパソコンをレンタルで導入する場合には、数カ月おきの定期点検や、トラブル発生時の修理など手厚いサポートを期待することができます。特に、パソコンに詳しい従業員が少ない職場であれば、充実したサポート対応が行われているレンタルの業者にお世話になることにより、仕事上の様々なトラブルを未然に防げます。民間企業を対象として法人向けパソコンのレンタルサービスを提供している大手の業者の中には、基本プランの内容がしっかりとしているところも多く、追加料金なしで大半のメンテナンスを引き受けてもらえます。もしも、各業者の詳しいサポートについて知りたいことがあれば、問い合わせフォームやカスタマーサービスを使って、専門のスタッフにアドバイスをもらうと良いでしょう。

© Copyright Best Business Computers. All Rights Reserved.